フィンランド:コロナ禍

フィンランドでのコロナの状況を報告

f:id:tosikaina:20200602234957j:plain

夏休みの始まりを祝う学生たち。すでに2か月以上休みだったじゃん。

5月14日に学校が再開されたのをはじめ、6月1日からはコロナ対策の規制がさらに緩和された。

以下、分かりやすいものをあげると、集会の人数制限は10人から50人へ、運動競技会の開催、シェンゲン国内での移動解禁(業務上もしくは必要不可欠な場合のみ)、国内移動の自由化など。
国立福祉研究所の発表によると、昨日今日の新規感染者および死亡者とも2名。
夏が近づき、日差しが強くなったので「紫外線でコロナを消毒」というイメージも手伝い、「コロナ禍も収束か?」とも思えてくる。

しかしそれは今までの自粛生活のたまものだろう。素人考えだが、ここで気を許せば元の木阿弥では? と懸念する。こうした思いは私だけのものではなく、夕刊紙のイルタサノマット(Ilta Sanomat)によると調査対象の42%が(規制緩和で)コロナが拡大するという不安を持っているとのこと。
同紙はさらに専門家の意見を紹介。「コロナ第二波は必ずしも来ない」とのこと。つまり、来るかもしれないということだからゆめゆめ安心はできないのだ。

そんな折、大学が夏休みに突入。晴天に恵まれた先週末はヘルシンキの中心部に700人の若者が集まった。依然として50人以上の集会は依然として禁止されているが、これは「自然発生」だから排除できなかったのだろう。
「対コロナのルールを忘れた若者たち」という見出しでニュース報道されていた。こんなことが続けばせっかくの努力が、今までの苦労が・・・と腹立たしい。

6月2日時点の総感染者6885人、死亡318人。

f:id:tosikaina:20200602235301j:plain

祭りのあと

 

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村

自粛生活の緩和には不安も残るが・・・

f:id:tosikaina:20200531013331j:plain

国立公園の駐車場は満杯状態

首都圏封鎖は予定より早く解除。2か月ぶりに学校が再開し、明日からはレストランや観光ポイントも営業を始める。およそ3か月の自粛生活もそろそろ終わるのか。「自粛生活はおおげさなんじゃない?」といった声もある。

真夏が近づき輝きを増した太陽がウィルスを消滅させてくれる・・・なんてことを期待しているようだ。しかし、そんなものはイメージに過ぎないだろう。確かに5月以降の新規感染者は逓減しているものの、全体数は増加。死者は毎日出ているのである。感染ペースが衰えてきたのは自粛生活あってのことではないのか。今油断したら総理大臣の懸念する「コロナ第三波」につながるではないか。

 

専門家ですら断言できない事態にシロートが判断できるわけはないが、身の回りの自衛にだけは努めよう。のちに振り返って「ああしておけばよかった」と後悔するのと「そこまでやらなくてもよかったな」と笑い話になるのとでは雲泥の差があるからね。

 

冒頭の写真はヌークシオ国立公園で最も人出の多いハウッカランピ。林道には「駐車禁止」の立て札が新たに設置され、「何をいまさら」と理解に苦しんだのだが、この様相によるものなのだろうか。指定駐車場に停めきれずに、林道にあふれている車を多数みかけたから。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村

これまでの経緯

f:id:tosikaina:20200514183306j:plain

1月29日:ラップランドを訪れた中国人観光客がコロナに感染していることが判明。フィンランド初のケースだが、患者はすぐに隔離され、騒ぎになることはなかった。

2月:ダイヤモンドプリンセス号での大量感染がニュースになるも、フィンランドでは他人ごと。アジアは大変なことになってるみたい? 程度の認識。その状況が下旬に一変。感染爆発を起こしたイタリアから帰国したフィンランド人に陽性判定。時をおかずしてヘルシンキでも発症し、話題にのぼる。

3月:陽性患者の初確認からわずか一週間で国内での感染者数が50人に近づき人々の関心が急激に高まる。中旬には緊急事態宣言発令。入国制限、500人以上のイベント中止、休校を決定。図書館、美術館、フィットネスジム、レストランなどが集まる場所は漸次閉鎖。3月20日、初の死亡者を出し、陽性患者は100人を超えた。保存食やトイレットペーパーが店頭から消える。首都圏封鎖。

4月:日常生活の規制が強まる。休校は5月中旬までに延長。10人以上の集会禁止、カフェ・レストランは持ち帰りのみ許可など。感染者数は上旬に1000人、中旬には3000人を超す。死亡者70人。首都圏封鎖は予定より早く解除。

4月末:フィンランドへの入国が事実上不可能に。スウェーデン、エストニアへのフェリーは運航しているが、出国はできても帰国できない。
総感染者数4200人、死者150人。コロナの脅威は依然として衰えず。

5月上旬:コロナ収束が始まるのは6月、と以前の予測を訂正。14日より学校再開、公共施設も一部オープンなど、やや明るいニュースも。
とはいえ感染者5200人、うち220人が死亡と、総数は依然として増えている。

 

※以下の記事は投稿日時の新しい順に掲載されます。
f:id:tosikaina:20200428163525j:plain

 

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村

 

収束に向かう雰囲気をなんとなく感じるが・・・・

f:id:tosikaina:20200511210222j:plain

「花見」はヘルシンキ周辺にも定着。宴会グループは皆無だが。

緊急事態宣言から2か月。外出自粛や他人との安全距離確保の推奨は依然として続いているが、各種の規制がしだいに緩められてきた。
スポーツジムの多くはすでに営業を再開したし、図書館も今日から開館。学校再開も間近で、飲食店も来月には平常営業となることが見込まれている。陽気がよくなってきたことも気分的な支えの一つだろう。この週末は見事な晴天に恵まれ、「花見」も盛況だったようだ。
ヘルシンキには「桜公園」(Kirsikka puisto)と呼ばれる場所がある。ヘルシンキ中央駅から地下鉄で15分、徒歩10分余りの場所で、5万7000平方メートル。東京ドームの1.2倍の広さ。2007年に一般開放され、毎年この時期に行われるHanamiには年々参加者が増加している。今年はさすがに公式行事は中止されたのだが、実際には多くの人が訪れた。警察発表によると、「人々は間合いをとり、平穏無事に過ごしていた」とのこと。週末としては今年最高の天気だったから、外出の誘惑にかられるのも無理はない。しかしねえ・・・。無規制路線のスウェーデンじゃ今も感染者は増加してるし、減少傾向にあるフィンランドでも公共施設やレストランが再開して人々が集まれば、ぶりかえす危険性は十分あるだろうに。

マスクがようやく入手可能になったが

そんな中、ようやくマスクをみつけた。ショッピングセンターの一角に、マスク、防護手袋などの対コロナ用品を扱う出店を発見。
使い捨てマスクが5枚で10ユーロ(一枚約250円)。買おうかどうか迷った挙句、見送り。フィンランドでのマスク着用率は、印象として5%以下ではないか? つまり、マスク着用は社会的マナーではない。また、一月前ならいざしらず、収束ムードの現在、いまさら着用する意味はあるのか、といったことを考えたうえで買わなかった。

f:id:tosikaina:20200511210741j:plain

谷の部分は週末だった

11日PM14:00集計データでは総感染者数5962人、死亡267人。ピークは越えたかに思えるが、上掲グラフを見ていて気付いたことがある。なぜ、大きな増減を繰り返しているのか? 答えは簡単。「谷」の部分は週末なのだ。コロナウィルスも土日は休む、というわけではもちろんない。検査数が少なくなるというだけのこと。日々の新規感染者は逓減してはいるものの、大幅に減少しているわけではない。昨日(10日)は7人? 午前中の同データでは0人だった。あくまでも一つの目安でしかないことを、改めて認識。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

対コロナワクチンはフィンランドでいち早く完成か

f:id:tosikaina:20200509003047j:plain

                  acworksさんによる写真ACからの写真

新型コロナウイルス感染症に対する治療薬、予防薬(ワクチン)の開発には多くの国が取り組んでいる。日本企業も例外ではないし、そんな中でイギリスの研究チームは9月には量産化の可能性ありと発表したようだ。ところが、それよりも一足早く、ワクチン自体はフィンランドで完成しそうだ(Yle=フィンランド放送協会によるニュース)。夏至前に、ということだから、あと6週間ほどだ。朗報である。しかし、実用化されない可能性が高い。


というのは、フィンランドでは軽座視的な理由から2003年にワクチン量産を止めたため。そして今回の成果は大学の研究所によるものなので、
市場には出回らない見込み。他国の研究組織、企業と提携してはどうか、というのは私の素人考えで、営利を目的にせず、また特定組織の独占を避けるのがポリシーのため、話はそう簡単ではない。しかし、ワクチンが完成しつつあるというのは朗報であることに違いはない。

 

ぼちぼちとフィットネスクラブが営業再開。業務のためならフィンランド⇔エストニア間の移動が可能に等、規制は徐々に緩和。
5月8日公表の感染者数5738人、死亡260人。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村

この時期に売り上げを伸ばしている会社がある

f:id:tosikaina:20200505201403j:plain

アルコール飲料を一手に引き受ける、その名も「アルコ」

在宅勤務が進展し、飲食店の営業が制限される中、日本でも宅飲みが増えていると聞く。フィンランドも同様で、3月の売り上げは前年同月比9.3%増。
このデータは、アルコール販売の独占企業であるAlkoの発表。スーパーに置いてある酒類はアルコール度数5.5%未満のビールやシードルに限られ、それ以上の強度のものはAlkoでしか買えない。
コロナ禍が顕在化したとき、宅飲み量の増加を危惧して、Alkoの営業時間を制限しようという話があった。結局それは実現せず、案の定、販売量が増えたわけだが、バーやレストランが閉業しているから、この程度なら総消費量にどのような変化があったかは分からない。しかし、宅飲みだと、つい量が増えてしまうことは推測に難くない。また、同データは3月のものだから、4月以降の売り上げはさらに伸びていることだろう。アル中量産か。


回復基調を信じたい

そんな中、少しずつ明るい話も出てきた。まず本日、ごく一部の図書館機能が回復。ヘルシンキ在住者に限られるが、読みたい本を予約すると家まで無料で届けてくれるらしい。
14日からは開館する図書館も増えてくる。小中校再開と同じ日だ。
6月1日以降はさらに規制が緩まる予定。現在、10人以上の集会は禁じられているが、これが50人以上への緩和。レストランの営業制限も解かれる見込み。
続いて同月中旬にはキアスマ、アテネウムといった美術館が営業再開。美術館が立錐の余地もないほど混雑することはないだろうが、「娯楽」を禁じられていた後だけにどうなることか。一定の入場制限が行なわれるのかな。

一方、コロナへのワクチンが開発され、集団免疫を構成。一般の風邪レベルの脅威になるまで7年かかるという説もある。政府首脳もその認識はあるだろうが、そのまま公表したらパニックになるだろう。それを懸念して、明るいニュースを小出しにしているのだろうか。本格的な春が近づき、なんとなく楽観的な気分になりつつあるが、ゆめゆめ油断はできない。

f:id:tosikaina:20200505201938j:plain

総感染者数は依然として増加

上掲グラフは国立福祉研究所が5月5日に公表したもの。総感染者数5412人、148人が治療中で49人が集中治療を受けている。これまでの死者240人。新規感染者数は減少傾向にあるが、ここ数日は毎日10人ほどが死亡している。「ピークの後は死者が増える」という説が正しければ、収束方向に向かっているといえなくもないのだろう。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村

7月以降なら国際便も従来通りに予約はできる。予約だけならね。

f:id:tosikaina:20200504171057j:plain

7月以降の再開なるか?

コロナ禍が騒がれ始めてから、ヘルシンキ発日本着の飛行機のスケジュールをときどき調べていた。渡航する気はなかったが、状況を知りたかったためである。3月中旬、コロナの脅威が世界を席巻した後、フィンエアーやJALの直行便はなくなったが、4月中旬までのフライトはかなりあった。先にも書いたが、ロンドン・ドバイ・香港経由。片道40時間で往復運賃は50万円などといった具合。あくまでも「予約が可能」だっただけで、実際に飛んだのか、利用する人はいたのか、などは分からない。

それを考えると、3月にヨーロッパ旅行した人々を一概に責めるわけにはいかんよなあ。2月中ならまだしも、3月以降のヨーロッパは罹患の危険性が顕在化したのに、旅行会社はツアーを中止しないどころか、引き続き販売してたんだもの。「学校休みで暇だし」とツアーに参加するのも不思議ではない。旅行会社はただちに中止すべきだったのである。
最近だとGWに沖縄観光に殺到する観光客が非難されているが、旅行会社の姿勢も問うべきだろう。マイル倍増キャンペーンや「今からでも間に合います」など、集客に必死だったではないか。飛行機が飛んでいる以上、利用者がいても不思議ではない。島民の帰省に限る、などの制限をかけるべきではないのか。


6月から収束へ、を仮定しているが・・・・


で、5月3日現在。早くもヘルシンキ→成田便復活の兆しが見えてまいりました。5月6日以降、片道20~40時間かかる経由便が30万円くらい。 月末だと10万円弱の選択肢も。さらに6月なら8万円程度。直行便はフィンエアーおよびJALが7月以降に再開予定。最安値は9万程度で、以前と同様。その後10月まで、出入国の曜日によるが、10~12万円ほどでも購入できるようだ。
感染のピークは6月という予測が示される中、5月6日には自主規制の一部が解除、小中校は14日に再開。季節も春めいて、なんとなく気分も明るくなってきたので「7月以降は国際便も従来通り?」と期待してしまうが、ウィルスはそんなことはお構いなしだろう。つまり、いつ収束するかなどは誰にも分らないわけで、飛行機が予定どおりに飛ぶ保証はない。
また、仮にフィンランドでコロナ禍が終息したとしても、そのとき日本はどうなっているか。まったくもって予断を許さぬ状況だ。
5月2日、新規感染者は5176人、死者220人。

下のグラフは札幌医科大学医学部が公開しているもの。ちょっと操作が必要だが、国別、地域別、日本国内なら都道府県別の動向がつかめる。
https://web.sapmed.ac.jp/canmol/coronavirus/index.html

f:id:tosikaina:20200504172104j:plain

3月上旬には爆発的増加が明らかだった

人口比でみると、フィンランドの感染者数は日本の10倍だああ。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村